「ワキガ」と「汗臭い」の違いとは

ワキガも汗も同じような臭いの印象が持たれがちですが、実は全く違います。
まず気候の暑い時期や運動した時に出る汗は、エクリン汗腺から出るもので99%が水分、残りは塩分などミネラルや乳酸で構成されています。ほとんどが水分なので臭いはないのですが、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質を雑菌が分解する事で、あの独特の臭いを発するのです。
一方のワキガはアポクリン汗腺が原因とされています。ここから出る汗は透明ではなく、脂質やタンパク質が多く含んでいる事から白い乳白色をしています。これをワキの皮膚や脇毛に潜んでいる雑菌が分解することにより、ツーンと感じるような特有のワキガ臭が発生します。
解消方法も両者では異なります。汗臭さは病的なものではない限り、毎日体を綺麗に洗って清潔にすればそれほど気にはならなくなります。つまり最低限の身だしなみレベルで改善する余地はあるのです。
ただワキガの原因とあるアポクリン汗腺は、遺伝により生まれつき本数も決まっています。つまり両親がワキガ体質ならその子供も引き継ぐ可能性が高くなります。入浴やシャワーをしたからといって臭いが解消される訳でもありません。本来ならば体質なので治療する必要性はないのですが、臭いに敏感な人は多く、放置しておくと人間関係もスムーズに行えなくなる事も考えられます。日本では、ワキガの手術に保険が認められているため、もしワキガの臭いで悩んでいるならば、一度皮膚科や形成外科に相談してみるのも良いかもしれません。

http://www.caminorealangels.com/